声優 一龍斎貞友さん

スポンサーリンク

こんにちは!

またまた発見をしてしまった、みきです!

先日子供が録画したちびまる子ちゃんを観ているとき、気づいてしまいました。

まるちゃんのお母さんの声が、クレヨンしんちゃんのマサオ君の声とそっくり!!

早速調べてみました。

スポンサーリンク

一龍斎 貞友さん

何やら難しいお名前ですが、以前は「鈴木みえ」という芸名で活動されていたようです。

1992年に、講談師で人間国宝の六代目一龍斎貞水に入門し、その後名前が変わったようです。

現在58歳の、ベテランの方だったのですね。

ちびまる子ちゃんのお母さんの他に、

・ちびまる子ちゃんのクラスメイトの小杉君

・クレヨンしんちゃんのマサオ君

・忍たま乱太郎のシンベヱ

・映画ドラえもんのドラリーニョ

などがありました。

メイン級のキャラクターだけで。

サブのキャラクターを合わせると、大変な数になります。

現在では、声優の他にナレーターや講談師(講釈師)としてもご活躍されています。

講談師(講釈師)とは?

Wikipediaによりますと、

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能の一つ。

演者は高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ばれる小さな机の前に座り、張り扇でそれを叩いて調子を取りつつ、軍記物や政談など主に歴史にちなんだ読み物を、観衆に対して読み上げる。上方講談においては、張り扇と拍子木を併用する。

とあります。

私、講談というものは、恥ずかしながら知りませんでした・・・。

落語とは違うみたいですね。

講談は落語のように「オチ」が無いみたいです。

真打昇進!

1992年に入門し、2004年には真打に昇進されたようです。

原作の「クレヨンしんちゃん」では、作者の臼井義人さんから、作品内で「貞友祝・真打昇格」とメッセージが載せられたそうです。

ナレーターや、メイン級のキャラクター声優をいくつもこなしながら、努力されていたんですね。

声優さんだけでも成功されているのに、講談師として真打まで昇進するなんて、大変なことだと思います。

いつまでも向上心を捨てないこの精神、素晴らしいですね。

おわりに

国民的長寿アニメのレギュラーキャラクター声優さんの話から、まさか伝統芸能の話に繋がるとは思いませんでした。

多才なんですね。

うらやましい限りです。

講談をされている姿も、機会があれば一度拝見したいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする