【清水公園アスレチック】混雑を避けて楽しもう!幼児禁止エリアは多数あり!

スポンサーリンク

こんにちは!

久しぶりに訪れた清水公園で、アスレチックに挑戦!

前回の記事では、予約~ロッカー室内の様子・料金をご紹介しましたが、

今回はいよいよアスレチックコース内の様子をご紹介していきます!

アスレチックコースは、

①全部が地上にある、チャレンジコース

②一部分が水上にある、冒険コース

③ほぼ全てが水上にある、水上コース

以上の3コースあります!

スポンサーリンク

各コースの難易度は?幼児は出来る?

こちらは以前ご紹介した、受付で頂いたスコアカードの裏側です。

各コース内の種目名が書かれており、

写真下の「チャレンジコース」は全40種目

写真左上の「冒険コース」は全40種目

写真右上の「水上コース」は全20種目

となっていて、

赤くなっている所が、

幼児禁止の種目です!!

チャレンジコースは半分、冒険コースは約4分の3、

水上コースに至っては、全面禁止です!!

アスレチックの内容も、小学生以上なら子供だけで楽しめると思いますが、

かなり高い場所まで登ったりするところもあるので、

そういった種目は、幼児禁止になっています。

(遊具横の種目名が書いてある看板の近くに、大きく「幼児禁止」と書かれています)

それから、ロープの位置が遠かったり高かったりするので、

小柄な子は苦労するかもしれません。

我が家の下の子(息子・わんぱく系)は、現在小学2年で身長が130㎝ですが、大体の種目はクリアできました!

どうしてもロープが遠い場合は、親が手助けしてあげましたよ。

ロープを沢山掴むので、徐々に手が痛くなってくる場合もあるかと思います。

軍手があると、良さそうです!

来たぞ!水上コース!!

今回のメインはもちろん「水上コース」!

受付後、トイレなどを済ませ、早速水上コースに向かいます!!

入口には、係りのスタッフの方が居たり、アルコール消毒も設置してあります。

いきなり水の上に出るわけではなく、最初と最後の3~4つぐらいは、地上にあります。

しかし、他の地上コースと違い、逃げ場がありません。

最初と最後に限っては、大人も子供も、全員が種目をクリアしていかなければなりません。

空いている時間帯は?

写真はお昼過ぎの時間帯です。

ガラガラです!

日曜日なのに!!

これだけ空いていれば、子連れでも焦らず取り組めます!!

皆がお昼ご飯を食べている時間帯が狙いめですよ!!

(私達のお昼ご飯は、早めに済ませました)

ちなみに、水上コースの後、チャレンジコース、冒険コースをこなし、再度水上コースに挑戦したのですが、

その時は大混雑で大行列でした。

15時以降~コース終了時間は結構混みあいます。

なかなか難しい水上コース

えー、うちの娘がお腹まで水没する、2秒前の写真です(笑)

そして誰かが落ちた音がすると、どこからともなく悲鳴が上がります・・・(笑)

娘が落ちたこの場所は、すぐ横が公園内の散策コースになっていて、

子供達が頑張っていると、

見ず知らずのおじ様おば様方が、「頑張れ~!」と応援してくれました!!

ありがとうございます!!

このように、水上コースには陸が無いのです!

もちろん1種目終えるごとに、一旦休憩は出来る場所はありますが、

種目の途中はずーっと水の上。

諦めたくても、止めたくても、先に進むしかないのです!!

親が手助けをしたいところですが、かなり難しいですね。

下手すると自分が落ちます!

まさか、最後はワープ無し!?

水上コースでは、

「この種目は無理だな~」といった時に、その種目をパスできるがあります。

写真右側にある、木の一本橋がそれです。

しかしこれ、幅が広いわけではなく、尚且つ結構距離も長いので、

なかなか緊張する橋です。

私自身は写真を撮るため、すべての種目をこの橋を使ってワープしました(笑)

この橋から、子供達にアドバイスを送ったり、応援したりしていたのです。

そして、水の上での最後の種目が、

写真左下の種目です。

なんとここにはワープできる橋が無いのです!!

なにーーーー!!!

最後の最後でワープ無しかよ~。。。

渋々家族分の水筒が入った重たいリュックを背負ったまま、頑張って渡りました!!

主人・中1娘・小2息子「打倒水上コース!」の対戦成績

まず主人。

水上コース序盤の人気種目、

ロープにぶら下がって向こう岸のネットに飛び移る「水上ターザン」では大成功を収め、

出典元:清水公園 公式ホームページ » フィールドアスレチック/水上20 (shimizu-kouen.com)

他のお客さんから拍手を頂いたが、

出典元:清水公園 公式ホームページ » フィールドアスレチック/水上20 (shimizu-kouen.com)

小さなイカダの上を走って渡る「水面走り」で乗ったイカダが沈み、

靴水没。

(フォロー)決して体重重めというわけでもなく、運動神経はむしろ良い方なのですが・・・(フォロー)

そして娘。

終始慎重でスローな展開、安全第一で進んでいったが、

先程書いた通り、丸太のつり橋やロープを渡ってイカダへ飛び移る「水上渡り」で、

出典元:清水公園 公式ホームページ » フィールドアスレチック/水上20 (shimizu-kouen.com)

ネットへの飛び移りに失敗し、

お腹まで水没。

(フォロー)陸上部長距離、足の筋肉はバッキバキだが、腕の力が弱かったのかも(フォロー)

最後に息子。

リングを足場にして渡る「振り子ロープ移り」ではかなり苦戦し、

出典元:清水公園 公式ホームページ » フィールドアスレチック/水上20 (shimizu-kouen.com)

主人の靴が水没した「水面走り」では靴のつま先が少々濡れたが、

なんと、無傷でほぼ全種目クリア!!

ワープしたのは、水上ターザンぐらいで、後の種目は頑張って挑戦していました!!

やはり、体重が軽いのが良かったの知れませんね!

息子よ、優勝はキミだ!!

(ご褒美は特にないけど、、、)

いや~、まさか一番小さい息子が無傷だとは!

しかも、息子自身は自分で着替えなどを用意していましたが、

私を含む他3名は「まさか落ちはしないだろう・・・」という甘い考えから、

着替えや靴を一切用意していませんでした!!

汗拭きタオルと水筒、おやつぐらいです。

幸いこの日は天気が良かったので、娘のズボンは帰りまでに乾きましたが、

主人の靴は乾かず、

気持ちの悪いまま過ごし、

気持ちの悪いまま運転して帰りました。。。

水上コースに挑戦される予定の方!

着替え、あった方が良いですよ!!

水上コースでは、結構な人数が水に落ちている

若い方でも、活発そうな少年でも、結構落ちていました!!

あと、ショルダーバッグを持ったまま落ちてしまった方もいたので、手荷物も要注意です。

可能な限り、ロッカーに置いてきた方が安全です。

また水上コース上では、種目と種目の間にある待機場所も丸太の上なのです。

しかも木と木の間に隙間が空いているのです!!

うっかりスマホなんか落としてしまったら、確実に水没&二度と出てこないので、

本当に気を付けてください!

おわりに

久しぶりの清水公園、非常にきれいになっていてビックリしました。

また、チャレンジ・冒険コースは家族連れが多かったですが、

水上コースでは、家族連れに加え、若者グループも多く参加していて、

「あら~、健康的で良いじゃない」なんて思ってしまいました(笑)

今回は午後からの来園でしたが、

入場も並ばず、空いている時間に水上コースが出来たので、良かったです!

ただ我が家には水没した人がいたので、

帰宅後は速攻でお風呂に入りました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする