NHK【18祭】18歳の魂の叫びに感動!!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、NHKで年に一度放送されている、「18祭(ジュウハチフェス)」について書こうと思います。

先日たまたま動画で「RADWIMPSの18祭」の様子を観ました。

会場に集まった1000人の18歳世代とRADWIMPSが、一体となって奏でる魂の籠った演奏と歌声に、感動して涙が出てきました。

出典元:https://rockinon.com/news/detail/180148

私は普段でも、心に響く歌や演奏を聴くと、たとえ知らない学校の吹奏楽などでも、感動して涙が出て来てしまうのですが・・・

いや~音楽って素晴らしいですね!!

不思議な力があります!!

スポンサーリンク

そもそも18祭って??

NHKが主催する18祭は、2016年に18歳選挙権キャンペーンの一環としてスタートしたそうです。

18祭世代のみなさんへ

18祭は、2016年NHKの
18歳選挙権キャンペーンの一環として
始まりました。
選挙権を与えられ社会的な責任を負う一方、
進路や恋愛など、人生の選択を迫られ
大きな悩みを抱える18歳世代。
そんな特別な年齢となった彼らに
自信をもって前に進んでもらうために、
私たちが出来ることのひとつとして
スタートさせたのが
この18祭でした。

2016年 ONE OK ROCK 
「We are the colors in the dark」
2017年 WANIMA 
「好きにやって 駄目なら戻って来い」
これまで参加してくれたアーティストは、
それぞれ素晴らしいメッセージを残してくれました。

そして1000人の参加メンバーの中では、
憧れの存在と共にパフォーマンスしたことで
大きな変化が起こりました。
「初めて自分をむき出しにして表現できた」
「本気になることを知った」
「震えるくらい感動した」
「私は生きてる、って感じた」。

18祭。
今年参加してくれるのは、
RADWIMPSです。
どんな歌になるのか、
どんなパフォーマンスになるのかは、
皆さんから送られてきた動画から
メンバーがインスピレーションを得て
新しく作り上げます。

難しくはありません。
特別なことも必要ありません。
全国の18歳世代の皆さん、
RADWIMPSと一緒に
素晴らしいステージを作りませんか?
私たち自身も、心からワクワクしています。
2020年にむけて、
皆さんが生み出すパワーを、感動を、
世界に向けて発信してゆきましょう。

18祭 スタッフ一同

出典元:http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/18fes/

RADWIMPSからのメッセージ

今も僕の中に18歳の自分がいる。
迷った時、せっぱ詰まった時、いつだってそいつと話をする。
まっすぐに僕を見てくる。
そいつにだけは見くびられたくなくて、呆れられたくなくて、必死になる。

今でも一番「かっこいいじゃん」って思われたいのはあの時の自分なのかもしれない。

今18歳のあなたの心と言葉が、あなたの一生の道しるべだ。
今あなたと一緒に曲を作りたい。

野田洋次郎(RADWIMPS)

出典元:http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/18fes/

誰が参加できるの?

18祭の本番当日(2018年の場合は9月9日)時点で、満17~19歳の方が対象です。

番組サイト内のエントリーフォームよりエントリーをして、尚且つ自分をアピールする動画を投稿します。

自分を変えたい!という叫び、思っていること、楽器演奏など、18歳世代の自分なりの想いを込めた動画を投稿。

それをアーティスト(2018年はRADWIMPS)の皆さんに観て頂き、新曲を作成していただく。

そして生まれた曲を、1000人の参加者とともに、一度きりのステージで披露するというものです。

参加者は、ただアーティストのステージを観覧するだけではなく、共に歌ったり演奏したりして、一緒にステージを作り上げていきます。

そのため、参加者だけでの練習もあるようです。

しかし、アーティストを交えた演奏は、本番の一度きりです。

感動もひとしおでしょうね。

ちなみに、RADWIMPSが作成した曲は2曲。

「万歳千唱」と、「正解」です。

これらを作成した経緯や、曲に込めた思いは、動画の中で野田さんがお話されていました。

どちらも、18歳という節目の年齢の方々に向けられた、メッセージ性の強い素晴らしい曲です。

18歳をとうの昔に通り過ぎた私ですが、号泣です。。。

過去の18祭

2016年 第1回は【ONE OK ROCK】

出典元:https://www.excite.co.jp/news/article/Messy_0225/

第1回は、若者に絶大な人気を誇る「ONE OK ROCK」でした。

何と今回がワンオクの地上波テレビ初登場だったとか!

曲のタイトルは「We are」

「自分を誤魔化し 生きることに意味はあるか」

18歳という子供から大人へ一歩踏み出す年齢。

色々な困難が降りかかって来るけれど、自分の意思をしっかり持って歩んでいってほしい。

そんなメッセージが伝わってきました。

動画サイトで様子を観てみましたが、アツかった!

鳥肌が立ちました!!

2017年 第2回は【WANIMA】

出典元:https://lineblog.me/wanima_official/archives/806786.html

第2回は、「WANIMA」だったんですね~。

曲のタイトルは「シグナル」

こちらも動画を見てみましたが、激アツでした!!

「まだ今は未完成でいい」

「『無駄じゃない』 何度でも唱えながら・・・」

失敗してもいいんだよ。

顔を上げて、何度でも挑戦しよう。

そんなメッセージが込められていました。

感動して泣きました・・・

2019年は・・・

2019年の18祭は、なんと[ALEXANDROS]です!!

出典元:https://alexandros.jp/

いやー、良いバンドが続きますね!!

私も年を大幅にごまかして、参加したいくらいです!!!

18歳の方が羨ましい!!

おわりに

3バンドとも、それぞれのカラーで、それぞれのアプローチで18歳の皆さんに寄り添い、そして伝えたいメッセージを全力でぶつけていました。

本当に三者三様で、同じ企画でもアーティストによって、こんなにも変わるものなんですね!

アーティストそのもののパワーも凄いものがあるのですが、1000人の18歳が本気を出したときの、あの頭を撃ち抜かれるような衝撃!!

画面越しでもこんなに感動するのですから、当日あの場所に立っていた人の感動は、計り知れないものがあると思います。

正直、羨ましいくらいですよ。

18歳!!

若いっていいな!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする