【イオンラウンジ】ってどんなところ?

スポンサーリンク

こんにちは!

最近メニエールの調子が良い、みきです。

さて、今回はイオンのお話。

イオン(主に全国のイオンモールなどの店舗)の中には、「イオンラウンジ」というスペースがあります。

我が家も最近使えるようになりましたので、「一体ここは何なのだろう?」という謎が解けました(^^)

今回はこの「イオンラウンジ」のご紹介です。

スポンサーリンク

どんなところ?

「イオンラウンジ」は、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の飲食物を、無料で頂くことが出来る、休憩所のようなところ。

セルフサービスの喫茶店とでも言いましょうか。

いつもお客さんが沢山いらっしゃるので、空いている時間に行って写真を撮ってきました!

サービス内容

お菓子の試供品

大体3種類くらいが小皿に乗っているものを、受付で受け取ります。お煎餅、飴玉、クッキーなどの個包装のものを1グループに1セット。

現在は1人につき1セットに変更になりました。

お菓子2種類が1セットとされていて、大体お煎餅系(ソフトせんべいや柿の種など)が1点と、飴玉やラムネが1点です。

以前より少し寂しくなりましたね( ノД`)

ドリンク飲み放題

冷蔵庫にはアイスコーヒー、野菜ジュース、トマトジュース、ジンジャーエール、麦茶、美味しいお水。

店舗によってはサイダーやオレンジジュースなどもあります

氷のディスペンサーもあります。

温かいものは、抽出したホットコーヒー、電気ポットのお湯。お茶類はティーパックで、緑茶、ほうじ茶、紅茶。

シュガー、ミルク、ガムシロップも置いてあります。

グラスやストロー、カップ&ソーサー、お子様用プラスチックコップがたくさん置かれていて、ドリンクバーのような感じです。

(ソーサーはいつの間にか置かなくなりました)

混雑時には、グラスやカップ類ではなく、紙コップを使用する場合もあります。

(食洗機が間に合わないのでしょうかね)

トレー(お盆)もあるので、家族分を運んだりするのに便利です。

全てセルフサービスで、使ったものは返却口に持って行き、ゴミは不燃可燃に分けてゴミ箱に捨てます。

雑誌・新聞

主婦向け雑誌やスポーツ誌、新聞も置いてあり、自由に読めます。

インターネット

ラウンジの片隅にパソコンがありました。

まだ使ったことはありませんが、イオングループのサイトや所在地の都道府県のHP、市区町村のHP、NHKのニュースと地元の学校関係のみ閲覧可能なようです。

パソコンは、いつの間にか無くなっていました。

その他

水道、ペーパータオル、ウエットティッシュが置いてあります。

時間・利用可能人数

10:30~19:00の間で、1回30分間。

週末などの混雑時には、行列が出来ます。

1枚のカードで、本人を含め4人まで利用できます。

1人の利用でも、4人の利用でも、お菓子の試供品は1セットです。

現在は人数分の試供品セットが配られています。

利用は1日につき1回までです。

ラウンジへの出入りは、必ず1グループまとまってお願いします、とのことで、中で待ち合わせることは不可能です。

また、途中で出たり入ったりも不可のようです。

お手洗いは、ラウンジ内にある店舗もあれば、無い店舗もあります。

ラウンジを利用するには

ラウンジの利用条件するには、以下のいずれかのカードが必要です。

・株主さまご優待カード(イオンオーナーズカード)

・イオンゴールドカード

・イオンゴールドカードセレクト

・イオンラウンジ会員証

※参考までに・・・

私は当初、通常の青いイオンカードを持っていたのですが、そのカードを我が家のメインカードとして、月々の光熱費や通信費、日々の買い物などをしていたら、ある日突然ゴールドカードにしませんか?というお知らせが届きました。

青いイオンカードを作ってから、2年後くらいのことです。

家具や家電など、値の張るものをイオンカードで一気に買った時期があったので、年間の利用金額が跳ね上がったのかもしれませんね。

ゴールドカードになる年間の利用金額は80万~100万円などと言われていますが、イオンのオフィシャルサイトでは確認出来なかったので、断言できません・・・。

おわりに

買い物って疲れますし、ちょっと休憩したくなりますよね。

うちでは、買い物中子供が「のどが渇いた~」と言ったら、飲み物を買うのではなく、ラウンジに行って一息つきます。

ペットボトルのジュース代が節約できますよ!

少々のおやつも付いてくるので、子供達も喜びます。

ラウンジで出たお菓子で気に入ったものは、下のスーパーで買って帰ったりもします。(茎わかめの梅味^^)

これからも、上手に利用させて頂こうと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする