【堂ヶ島ニュー銀水】屋内プールで遊ぼう!!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、先日の西伊豆旅行でお世話になったホテル「堂ヶ島ニュー銀水」屋内プールについてご紹介します。

宿泊者は、チェックイン日の午前11時から、チェックアウト日のお昼12時までお風呂やプールなどの館内施設を利用できるので、たっぷり遊べます!!

👇西伊豆のその他の情報は、こちらからどうぞ👇

人気の【堂ヶ島食堂】で、ご当地グルメランチ!

西伊豆の絶景スポット!【黄金崎】

西伊豆黄金崎公園内【こがねすと】の、超特大かき氷!!

スポンサーリンク

ホテル到着!

スッキリとしてキレイな外観ですね。

ただ到着した時間がチェックイン時刻の前なので、お出迎えの方はいません・・・。

駐車場に車を停めて、プールの荷物だけ持って、それ以外の荷物は車の中に置いていきます。

(事前にホテルに電話して、チェックイン前の施設の利用方法などを確認しておきました)

静まり返った誰もいないロビーへ・・・。

フロントのお姉さんが、優しい笑顔で出迎えてくれました(*^-^*)

プールへの行き方を聞いて、いざ出発!

広いホテルなので、迷子になりそうです( ノД`)

プール・卓球台・ゲームコーナー

雰囲気は「南国パラダイス」とでも言いましょうか(言い方が昭和><)

天井が高い吹き抜けの広い空間に、卓球台やゲームコーナーなどがあり、その一角(階段を少し下ったところ)にプールがありました。

卓球スペース。

無料で、ラケットなども既に置いてあるので、自由に使えます。

いちいちフロントで予約しなくても使えるのが良いですね!

写真の右奥には、ゲームコーナーがあります。

このステージは、夜の太鼓ショーで使われます。

左奥にゲームコーナー、ステージ向こう側の窓際にプールがあります。

そんなに大きいプールではないのですが(大体10~15mぐらいでしょうか)、空いているし、子供と水遊びをするには十分ですね。

窓の向こうは、芝生の広場が広がっています。

プールの深さ&水温

水深が結構深くて、120㎝です。

お子様は要注意です!

橋の下もくぐれます。

上の写真の左奥に柵がありますが、こちらは「子供プール」で、水深30㎝です。

橋を渡っていきます。

水温は少し冷たく感じましたが、温水です。

ジャグジー

プールの隣にはジャグジーがありました。

あまり広くはないですが。

こちらは温かいお湯なので、プールで冷えた体をのんびり温められます。

プールの更衣室

プール&ジャグジーのすぐ隣にある更衣室。

右が男性用、左が女性用です。

中にはダイヤル式のカギが付いているロッカーが20個ぐらいシャワー1つトイレ1つがあり、床は人工芝が敷き詰められています。

若干古さを感じましたね(;^_^A

因みに水着に着替える場所は、このフロアからエスカレーターを上ったところにある「大浴場の更衣室」でも大丈夫です。

こちらの方がキレイかもしれません。

簡易的ですが、鍵もかけられますしね。

フロントのお姉さんによると、プールのフロアと大浴場のフロアのみ、水着での行き来がOKだそうです。

つまり、部屋で水着に着替えてプールに行くのはNGということ。

洗濯機

更衣室の出入り口の隣にあるのが、こちらの洗濯機3台

床にある白いカゴには洗剤があります。

全て二層式で、脱いで水洗いした水着を脱水することが出来ます。

これはかなり助かります!

ちなみに乾燥機はありません。

あくまで水着の洗濯&脱水ということなのでしょう。

監視員さん

私達がプールに到着したときはいなかったのですが、チェックイン時刻を過ぎたら、監視員さんといいますか、ホテルのスタッフの方が来ました。

安全の為ですね。

洗濯機の使い方も教えて下さったりして、助かりました。

芝生広場&屋外プール&つば沢海岸

窓の外に広がる芝生広場は、ジャグジー横の出入り口から出られます。

出入り口にはサンダルや、手足を洗う水道もありました。

芝生広場から小道を歩いて、屋外プール(今回はまだオープン前でした)を横目に道路を下ると、まるで銀水のプライベートビーチのような「つば沢海岸」へ下りられます。

こちらでの海水浴に関しては、また後日記事を書こうと思います。

おわりに

今回は夏休み前の土日ということで、あまり混んでいませんでした。

ホテル自体は「銀水花火大会の日」ということで満室だったようですが、プールを使う方が少なかったのでしょう。

ほぼ貸し切り状態で楽しめました。

窓の外は、堂ヶ島の素晴らしい景色!

子供達も存分に楽しめたようで、良かった良かった(*^^)v

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする