【子宮内膜症】診断後の経過観察と細胞診

スポンサーリンク

こんにちは。

今日は朝から雪が降りました。

雪が降ると底冷えして、芯から冷えますね。

子宮内膜症と診断されてから、約2ヶ月。

今日はその経過観察で、婦人科を受診して来ました。

前回採血もしたので、その結果も聞きに。

スポンサーリンク

最近の症状

生理時の経血の量や痛みは、以前とあまり変わりません。

直近の生理に至っては、経血量もそこまで多くなかったですし、生理痛もいつもよりかなり軽かったです。

子宮内膜症になったからと言って、症状が悪化する一方ということではないようですね。

診察

内診と、細胞診をやりました。

相変わらず痛い。

聞かれたことは、最近の経血量に変化があったかどうか、ぐらいですかね。

「増えていないですか~?」と。

診察によると、内膜症のチョコレート嚢胞のサイズは変わりがなく、今後は半年から一年後にまた受診する形で良いそうです。

細胞診の結果は来週聞きに行きますが。

前回は貧血が酷かった採血の結果も、鉄剤を毎日服用したこともあり、ヘモグロビンの数値が9.8から12.8に上がりました!

良かった(*^-^*)

おわりに

自分の体の中に、3センチ大の血の塊があるなんて、自覚症状は全く無いのですが、なんだか怖くなりますよ。

3センチ大って、結構大きいですよね。

しかし内膜症患者の統計によると、3センチは一番小さなサイズのランクに部類されていました。

何とかこれ以上大きくならないようにしたいですが、こればっかりはどうしようもありません。

あまり関係ないかもしれませんが、体を冷やさないようにしたり、「まごわやさしい」食事をするなど、健康的な規則正しい生活に努めていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする