伊豆【伊東マリンタウン】は見どころいっぱい!!

スポンサーリンク

こんにちは!

先日旅行で伊豆に行ってきました。

今回は、東伊豆に行くなら必ず立ち寄る道の駅、伊東マリンタウンをご紹介します!

道の駅というと、トイレ休憩、地元の農産物直売・・・などのイメージですが、こちらのマリンタウンは、海が目の前で可愛いイメージキャラクターまでいる、見どころいっぱいの施設です。

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/marinyan/fanclubinfo

マリンタウンのキャラクターマリにゃん&カモメ隊長!!

なんとファンクラブまであるのです!

スポンサーリンク

場所

住所 : 〒414-0002 静岡県伊東市湯川571-19

電話 : 0557-38-3811

国道135号線沿いにあります。

熱海方面から来ると、伊東温泉ホテルサンハトヤを過ぎると、間もなく左側(海側)にあります。

道路の反対側には、ファッションセンターしまむら、はま寿司、ドン・キホーテ、セブンイレブンが建ち並んでいます。

見どころいっぱい!

関東最大級の足湯「あったまり~な」

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/ashiyu

全長43メートルもある、長~い足湯です。

目の前の駿河湾を望みながら、のんびりできます。

ただ私達が行ったときは、足湯の目の前の植え込みが大分伸びていて、座ると海が見えなくなってしまいました・・・。

子供達には、植え込みのない端の席に座らせてあげました。

温度はぬるめ。

時間は9時から16時まで(5月~9月は17時まで)やっていますが、開始直後だと、お湯の量が少ないです。

毎月第一日曜日は「あったまり~なの日」ということで、いつもとは違ったユニークな足湯が登場するようですよ。

足を拭くタオルが無くても大丈夫!

足湯の近くで100円で販売されています!

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/ashiyu

ワンちゃんと入れる足湯もあります。

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/ashiyu

こちらも無料で、時間は10時~15時。

木曜と雨の日はお休みです。

海の上の遊歩道

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/yuuhodou

お店側ではなく駐車場側の方からグルーッと歩ける、全長417.5メートルの防波堤を利用した遊歩道です。

時間は、11時から15時で、無料です!

年中無休とのことですが、雨天・強風・メンテナンスの際は入れないようです。

遊歩道の先端には、

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/yuuhodou

伊東市在住の彫刻家・重岡建治氏のモニュメント「あい・讃歌」が設置されています。

何とこの場所は、「恋人の聖地サテライト」というものに登録されているのだとか。

恋人の聖地とは?

恋人の聖地プロジェクトの趣旨

NPO法人地域活性化支援センターでは「少子化対策と地域の活性化への貢献」をテーマとした『観光地域の広域連携』を目的に「恋人の聖地プロジェクト」を展開しています。
恋人の聖地プロジェクトでは、2006年4月1日より、全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」として選定し、地域の新たな魅力づくりと情報発信を図るとともに、地域間の連携による地域活性化を図っています。
また、このプロジェクトでは「非婚化・未婚化の進行」を少子化問題のひとつとして捉え、日本全国で選定された100ヶ所を越える「恋人の聖地」とともに、フランスのモン・サン・ミッシェルをはじめ海外の著名な観光地にも参画いただき、各地域による様々な活動を通して若い人々のみならず地域社会に向けて「結婚」に対する明るい希望と空気の醸成を図るための活動をしています。

出典元:http://www.seichi.net/seichi.php

恋人の聖地サテライトとは?

恋人の聖地サテライトとは?(企業団体によりご参画いただくために)

「恋人の聖地プロジェクト」ではプロジェクトの主旨に賛同いただける企業・団体の皆様が、通常の企業団体の活動を通して各地域の「恋人の聖地」と連携し、恋人の聖地プロジェクトの啓発活動に貢献いただくための「恋人の聖地サテライト」の選定も併せて進めています。
「恋人の聖地サテライト」は、プロジェクトの趣旨にご賛同いただける一般企業・団体の皆様が運営管理する、プロポーズにふさわしいロマンティックなスポット・施設等の中から選定します。通常の事業活動、広告宣伝・販売促進活動、社会貢献活動を通して、『地域の活性化』ならびに『少子化対策への貢献』にご協力いただきます。

出典元:http://www.seichi.net/seichi.php

幸せリボン

遊歩道入り口で販売されている、「幸せリボン」(1本100円)

遊歩道の柵に結んで、幸せを願うというものです。

緑・・・健康
イエロー・・・金運
赤・・・勝負
ピンク・・・愛
青・・・仕事、勉強
紫・・・癒やし

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/yuuhodou

リボンには色々な色があり、それぞれの願いが込められています。

そして、

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/yuuhodou

このように、柵に結び付けます。

幸せの黄色いトイレ

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/facilities

お土産屋さんやレストランのある建物内にも、もちろんトイレはありますが、別棟の「幸せの黄色いトイレ」は、広々してとってもキレイですし、キッズトイレや明るい授乳室(おむつ替えベッド・授乳イス・授乳クッション・給湯器・エアコン・カーテンの仕切り)もあるので、ぜひこちらを使っていただきたい!

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/facilities

場所もちょうど真ん中あたりにあるので、利用しやすいですよ。

伊東サンライズマリーナ

遊歩道のある防波堤の内側には、いくつもの船が停泊していました。

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/marina/facilities

訪れた日は台風が接近中という事で、船を大きなクレーンで陸にあげる作業をしていました。

こんな作業は初めて見ました!!

お土産屋さんは試食天国!(9時~18時)

館内は広く、お土産屋さんが沢山入っています。

伊東という土地柄、海産物(干物や珍味)が多いですが、他にも可愛い雑貨、お弁当、青果物、ソフトクリーム、シュークリーム、サンドウィッチなどの店舗が入っていて、試食もズラリです。

(朝の方が試食の品揃えが良いです)

色々食べ比べて、気に入ったものを購入できます。

ソフトクリームを食べながら、足湯をしたり出来ますよ!

2階はレストラン街(11時~20時30分ラストオーダー)

階段・エレベーターで2階に行くと、レストラン&フードコートがあります。

寿司、ラーメン、定食、丼、そば・うどん、和洋食など色々ありました。

「海辺の食卓」というお店には、お子様メニューもありましたよ。(カレー、ハンバーグ、パンケーキ、うどん)

キッズコーナーや子供用のイスもありました。

ランチの時間帯はどのお店も賑わっています。

シーサイドスパ(5時~22時 最終受付21時

お土産屋さんとは別棟にある、なんと朝5時から営業している天然温泉です。

朝が早いゴルフや釣りに行かれる方に好評なんだとか。

館内の展望レストランも朝6時から朝食メニューをやっているので、ありがたいですね!

源泉かけ流しです!!

海中展望遊覧船

ちょうど足湯の前辺りから、遊覧船が出ています。

2種類あって、両方ともペット可です。

船の下の方がガラスになっていて、海中の魚の様子を見ることが出来ます。

はるひら丸イルカ号船内

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/yuuransen/reportharuhira

ゆーみんフック船内

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/yuuransen/reportyumin

両方ともデッキでカモメにエサやりが出来ます。(エサ代100円)

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/yuuransen

コースが異なるのでご注意を。

おわりに

こんなに見どころ沢山の道の駅がありますかね!!

建物の中は営業時間内しか入れませんが、駐車場と外の団体バス駐車場近くのトイレは、24時間使えます。

しかし、、、

Q. 車中泊はできますか?

道の駅の駐車場は休憩施設としてご利用ください。当駅の利用ルール及び一般社団法人日本RV協会の「公共駐車場でのマナー厳守10カ条(www.jrva.com)」を必ず遵守願います。

道の駅を利用する他のドライバーのことも鑑み、限りある駐車スペースを有効に使用していただくためにも、長期間の滞在はご遠慮願います。またキャンプ行為、発電機の使用、盗電、盗水、長時間のアイドリング使用等、目的外の利用は固くお断りいたしております。(※キャンプ行為等をご希望のお客様はお近くのオートキャンプ場・オートパーク等をご利用ください。)

その他ご不明な点は駐車場誘導員にお問い合わせください。

出典元:https://ito-marinetown.co.jp/inquiry

とのことです。

また、外にはいくつかのフォトスポットもあるので、ぜひ見つけてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする