PPAP!ピコ太郎さん

スポンサーリンク

最近世界中で人気を博している、ピコ太郎さん。

今年の紅白歌合戦への出場も内定しているのだとか。

恥ずかしながら、私はつい最近まで動画を見たことがありませんでした。

先日の音楽番組の特番で、初めてその姿を拝見できました!

見た目のインパクト!

シンプルな動作!

言葉のチョイス!

どれも、世界中で通用するような内容なんですねΣ(゚Д゚)

よく考えられていて、ビックリしました。

pen pineapple apple pen

この言葉のチョイス、並び順、曲名を「PPAP」としたこと、ピコ太郎さんという方は英語に詳しいのですかね?

「as soon as possible」を「ASAP」と略したりしますが、「PPAP」も同じような事なんでしょうね。

このあたりが、日本国内のみならず、世界中で注目された要因ではないかと思います。

スポンサーリンク

子供達にも大人気!

そんな世界中で話題の、ピコ太郎さん。

日本の子供たちの間でも、もちろん大人気です。

1週間くらい前から、満3歳入園で現在幼稚園の年少組に通う下の子が突然「アポペ~、パピポ~」なんていう変な言葉を言い出したのです。

その時は特に気にも留めなかったのですが、やたらと毎日「P」のつく言葉を鼻歌のように何気なく言うので、こちらも気になり始めました。

すると今度は、小学2年生の上の子が「アポ~ペ~ン」なんて言い出したもんで・・・。

私は「それもしかしてピコ太郎?」と聞いたところ、「あはは~そうだよ。学校でみんな言っているの。」なんて言われてしましました。

冒頭にも書きましたが、私はもちろん、娘も息子も動画を見たことがなかったので、3人で動画を見ることにしました(;^ω^)

流行りに遅れないように( ゚∀゚)

動画は2回ほど見たのですが、子供たちの記憶力は凄いですね!

あっという間に覚えてしまいました。

しかし、小学生に人気なのはわかりますが、幼稚園のしかも年少クラスでも、「アポ~ペ~ン」を歌っている子がいるんですね。

大きいお兄ちゃんお姉ちゃんがいるんですかね?

うちも大きいお姉ちゃんがいたんですけどね( ゚∀゚)

どうも我が家は流行りに遅れがちです(;^ω^)

ピコ太郎さんはどんな人?

芸人さんで苦労人・・・なんてのは聞いたことありましたが、いったいどんな人なのでしょうか。

Wikipediaで調べてみました。

ピコ太郎さんの中身(?)は、古坂大魔王さん(43歳)という芸歴25年の芸人さん。

元々お笑いトリオ「底抜けAIR-LINE」のメンバーだったが、2003年9月からはお笑い芸人の活動を一旦休止。

その後は音楽活動にシフトして、DJやテクノユニットなどをされていたようです。

2008年からは音楽活動の行き詰まりから、お笑い芸人の活動を再開、単独ライブなどを開催。

そして2016年、古坂大魔王本人がプロデュースしたピコ太郎が、「PPAP」の動画を配信。

国内外で大きな話題となったようです。

このピコ太郎さんにも、プロフィールが設定されていて、千葉県出身のシンガーソングライター、現在53歳。

新婚で78歳の妻がいる・・・となっています(◎_◎;)

一発屋だのなんだのって言われますが、この1発さえ当たらない芸人さんがどれだけいるか!

それを考えたら、本当に凄いことだと思います。

しかも海外の全く知らない人が、リメイクバージョンまで作っているなんて!

恐るべきピコ太郎さんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする