あしかがフラワーパーク フラワーファンタジー

スポンサーリンク

こんにちは!

年末からの風邪がまだ治らない、みきです。

今回は、関東三大イルミネーションの一つ、

あしかがフラワーパーク フラワーファンタジー ~光の花の庭 2016~

をご紹介します。

関東三大イルミネーションとは、

栃木県足利市 「あしかがフラワーパーク」

千葉県袖ケ浦市 「東京ドイツ村」

神奈川県藤沢市 「江の島 湘南の宝石」

の3施設だそうで、全国の夜景鑑賞士3,500名(2012年7月時点)による冬のイルミネーションの人気投票の末、「一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー」による7つの検証項目で精査。その後、候補となった事業者への調査・報告を踏まえ、これらの3施設が決定したそうです。

初耳でした(;’∀’)

ちなみに、7つの検証項目とは、

  1. 敷地を生かし、LED 照明を効果的に活用したイルミネーションであること。
  2. 照明演出について、エンタテインメント性溢れる演出を抱いていること。
  3. 照明演出について、オリジナリティがいかんなく発揮されていること。
  4. 演出・サービスが毎年拡張し、翌年以降への期待感を有していること。
  5. 会場は回遊性であり、子どもからお年寄りまで幅広い方々に親しまれていること。
  6. 管理・運営するスタッフが情熱を持って演出及びサービスを行っていること。
  7. レストラン・売店・土産等の飲食、サービスが充実していること。

だそうです。

なるほど~。

スポンサーリンク

園内の様子

広大な園内は、ほぼバリアフリーで、車いすの方やベビーカーを押している方も、沢山いらっしゃいました。

バリアフリーのお手洗いもありましたよ。

入り口は「正面ゲート」と「西ゲート」の二つあり、駐車場の場所によって変わります。

我が家は西ゲートから入りました。

すぐ近くに山もあるので、地形を生かしたイルミネーションが魅力です。

山全体に虹や天の川、オーロラなどが現れます。

遊歩道がすぐ近くに通っているので、かなり近い距離から山のイルミネーションが見られます。

虹が出てお日様が現れたり、雨雲と共に雷様が現れたり、子供達も大喜びでした。

オーロラコーナーは、夜空にサンタクロースが現れて、地上にいる雪だるまにプレゼントを落としたり、物語があるのでずーっと見ていても飽きません。

フラワーパークというだけあって、冬でも様々なお花が咲いていました。

そして本物のお花だけではなく、イルミネーションのお花も沢山咲いていました。

上の写真は「光のバラ園」という、「バラ」の形をしたイルミネーションがいくつも咲いています。

「バラ」の他には、あしかがフラワーパーク名物の「藤」。

「白藤のトンネル」「きばな藤のトンネル」「奇跡の大藤」「うす紅藤の橋」「八重の大藤」が素晴らしいイルミネーションで表現されています。

息をのむ美しさで、感動します。

水辺に目を落とすと、そこには「スイレン」の形をしたイルミネーションが!

光のピラミッドやイルミネーションタワーも水辺にあるのですが、光が水に反射して、美しさが倍増します。

日本の四季の移り変わりを表現した「こころの故郷」では、心安らぐ日本の四季が壮大なイルミネーションで表現されています。

お食事・軽食・お土産

園内にはいくつか食事処もあります。

値段は若干高めですが、外が寒いので暖を取りに入りました。

軽食コーナーに入ったのですが、メニューは鍋焼きうどん、ソースカツ丼、ピザなど。

ピザは400円くらいでしたが、鍋焼きうどんやソースカツ丼などは800〜900円くらいでした。

お土産も、栃木名物のいちご「とちおとめ」を使ったお菓子や、チョコ、藤をモチーフにした藤まんじゅうなど、色々ありました。

子供には「ファンタジーキャンディー」という、ペロペロキャンディーの棒に電気が付く、キラキラ光る飴が人気でした。

パッと見、電球を舐めているようで、なんだか不気味でしたが・・・。

お子様にプレゼント

お子様には、こんな素敵なプレゼントがもらえます。

ボタンを押すとキラキラ光って、とってもきれいですよ。

場所・アクセス

〒329-4216 栃木県足利市迫間町607  TEL:0284-91-4939

<車の場合>

【東北自動車道より】
◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
【北関東自動車道より】
◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)
※カッコ内の所要時間は平常時の目安です。
無料大駐車場もあり、

大型バス…40台
普通車…300台

収容できるそうです。

<電車の場合>

〇JR両毛線「富田駅」より、徒歩約13分

〇東武伊勢崎線「足利市駅」より、無料シャトルバスで約30分

<シャトルバス時刻表>

11/19(土)~1/9(月)の期間は下記の通り運行。土日祝のみ運行 (無料運行)

※12/29(木)、30(金)、1/3(水)も特別運行いたします。

運行経路:東武足利市駅南口→JR足利駅北口→あしかがフラワーパーク
あしかがフラワーパーク→JR足利駅北口→東武足利市駅南口

※周辺道路の渋滞により時刻表通りの運行ができない場合がございます。

 東武足利市駅南口  JR足利駅北口  あしかがフラワーパーク
 16:00  16:10  16:30 着・発
 17:00  17:10  17:30 着・発
 18:00  18:10  18:30 着・発
 19:00  19:10  19:30 着・発
 20:00  20:10  20:30 着・発
 -  -  21:30 発(最終便)

※ 混雑時は運行時間が遅れる場合があります、ご了承ください。

(あしかがフラワーパークHPより引用)

入場料

【光の花の庭】

期間 時間
土日祝 PM3:30 ~ PM9:30
平日 PM3:30 ~ PM9:00

入園料:大人 800円 / 子供 400円
※イルミネーションの点灯は16:30頃~

※子供料金は4歳~小学生まで。3歳以下は無料です。

おわりに

 

駐車場はかなり広いので、満車になることはまず無いかと思います。

しかし、場所によっては園から遠くなります。

夜はかなり冷えますので、防寒はしっかりとしていった方が良いです。

帽子、マフラー、手袋は必須です。

去年も行ったのですが、今年は少し変わっている所もあり、楽しめました。

本当に素晴らしいイルミネーションなので、おすすめです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする