子宮腺筋症は、ある日突然やって来る!

スポンサーリンク

こんにちは!

最近病院通いの、みきです。

前回婦人科再診の記事を書きましたが、その際子宮内膜症の他にも、指摘された病気があるのです。

それは「子宮腺筋症」という病気。

正直初めて聞く病名です。

「子宮腺筋症」を”コトバンク”で調べてみますと、

子宮内膜の組織が子宮の筋層内に潜り込んで増殖する病気。

悪性疾患ではないが、強い月経痛や月経過多がみられ、日常生活に支障をきたす場合が多い。

とありました。

確かに、MRIの画像を見ると、子宮の周りの部分がまだら模様になっていたんです。

これが、”子宮内膜の組織が、子宮の筋層内潜り込んでいる”という証拠なのでしょうね。

子宮内膜症によって起こる疾患のようですね。

婦人科の先生は「子宮筋腫のようなもの」とおっしゃっていましたが、子宮筋腫と子宮腺筋症は実際は異なるもののようです。

しかし、症状がとても似ている上、両者は合併することが多いため、このようにおっしゃったのだと思われます。

またこの病気は、経産婦・・・つまり出産経験のある女性に多くみられるようで、ある日突然発症するのが特徴のようです。

子宮腺筋症

スポンサーリンク

症状

・酷い生理痛

・経血量の増加

・生理以外でも腰やお腹が痛くなる

などです。

当てはまりますね・・・私。

当然ですが。

生理日以外でも、お腹が痛くなるんですよね。

まるで生理痛のような痛みなんです。

私の場合は、そこまで強い痛みではないですがね。

 

治療法

内膜症と同じく、手術療法と薬物療法があるようですね。

ピルも治療薬として使われることがあるようですが、腺筋症を治癒することは出来ないそうです。

私の場合は、経過観察ですね。

ただ貧血が酷いので、鉄剤は処方されています。

80日分出されました!!

大量!!

おわりに

女性は臓器が多い分、複雑で、病気の可能性も増えますよね。

私も年を重ねるにつれて、健康のありがたみを感じるようになってきました。

これからはあまり無理をせず、心身ともに健やかな毎日を過ごしていきたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする