【キリンビール取手工場】のファミリーツアーに参加してきました!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、茨城県取手市にある「キリンビール取手工場」のご紹介です!

以前「アサヒビール茨城工場」(茨城県守谷市)の工場見学には行きましたが、違いはあるのでしょうか、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

見学ツアーは4種類

工場見学のツアーは4種類があり、それぞれ内容が異なります。

①キリン一番搾り 美味しさの発見ツアー(無料)

一番麦汁と二番麦汁の飲み比べや、麦芽の試食、ビールの試飲などが出来るツアーです。

②キリン一番搾り EP(エクスペリエンス)ツアー(有料)

不定期に開催している有料(参加費1,000円)のツアーで、20歳以上の方限定です。

作業服とヘルメットを着用し、普段の見学では入る事の出来ない「仕込室」の見学をします。

先着20名限定で、お土産付きです。

③ファミリーツアー(無料)

お子様のいるファミリーを対象としたツアーです。

一番搾りの製造工程の見学、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食はもちろん、バスで広大な工場の敷地を回りながらクイズに答えたり、試飲会場では空き缶積みゲームをしたりします。(参加賞ありです)

④ハートランドツアー(無料)

取手工場で製造している「ハートランドビール」の歴史などを紹介するツアーです。

もちろん試飲も出来ます。

我が家が参加したのは「ファミリーツアー」です!

工場に到着!

場所はこちら!

国道6号線沿いにあり、

この看板が目印です。

ラーメンの幸楽苑の隣取手消防署の目の前に入り口があります。

信号は無いですが、中央分離帯が途切れているので、右折でも入れます。

守衛さんなどはいらっしゃらなかったので、路面にある指示に従って(入り口を入って左に進みます)お客様駐車場へ向かいました。

地面が緑になっている所がお客様駐車場なので、そちらに駐車します。

ちなみに訪れた日はお盆中の、8月14日です。

ファミリーツアーは通常毎週土曜日に行われているのですが、この日はやっていました!

しかもこの日は、パッケージング製造ラインも動いているとのことで、ラッキーでした!!

駐車場の裏手には、

なんと神社が!!

「麒麟稲荷大明神」!!

ビールの原料は大麦とホップと水。

だからお稲荷さんなのですね!

入館して受付

こちらの通路を通って、

建物内に入ります。

建物に入るとすぐに、

工場見学ではお馴染みの、フォトスポットがあります。

写真ではわかりにくいのですが、中央下にある缶が出っ張っていて、座れるようになっています。

手に持つアイテムもありますよ~。

さらに奥には、

売店!!

キリンビール工場限定の商品がズラリ。

チーズ味の柿の種は、試食会場で出されました。

ビールに合っていて、美味しかったです!!

服やメモ帳やペンなどの文具もありました!

さらに奥にある受付で、色々と説明を受けます。(アルコールの試飲があるので、その注意などですね)

今回はファミリーツアーの参加なので、子供たち向けのこのようなパンフレットを貰いました。

後ほど、クイズを行う時に使用するそうです。

受付周辺をウロウロ

受付後、お手洗いを済ませ、開始時間までウロウロ・・・。

取手工場で製造されている商品がズラリ!

キリンビール工場の様々な工夫が分かるコーナー。

ビール瓶の重さ比べ。

従来瓶と、軽量瓶の重さを、実際にビールケースを持ち上げて比べることが出来ます!

本当に軽量瓶の方が軽く感じましたよ!!

私達が入ってきた入り口とは別の館内入り口です。

外に何かあるなと思って室内から出てきたら、大きなお釜?がドーンとありました。

そして、

麒麟の像がありました!

「麒麟像建立誌」

今日の盛業はすでに亡くなった諸先輩方のお陰という事で、高野山に供養塔を建立したそうです。

その際、塔域内にキリンビールの象徴である麒麟像1体を、守護像として定置。

そしてそれと同型のものを鋳造し、本店工場と総合研究所に設置し、永くその意を伝えようとするものだという事です。

昭和56年とありますね。

工場見学スタート!

まずはこちらの部屋に入ります。

スクリーンがあるので、何か映像でも見るのかなと思いきや、スタッフの方のご挨拶と、見学の流れの説明をして、すぐに出発をしました。

醸造工場

まず向かったのは、

醸造工場!

見学ツアー受付のある建物の、道路を挟んで隣だったので、歩いて移動しました。

こちらではまず、

キリンビール取手工場の説明。

そして、階段もしくはエレベーターで2階に上がります。

2階ではガラス越しに、このような大きな仕込みのお釜が見られます。

クラシックな形のお釜が、いかにもビール工場っていう感じがしますよね。

そして、

麦芽やホップを実際に手に取って触ってみたり、麦芽の試食もできました。

(これらは、アサヒビール守谷工場の工場見学でもありました)

続いて、映像にてキリンビールのこだわりを学びます。

そしてそして!

キリンビールと言えば、「一番搾り」が有名ですよね!

「一番搾り」は、他の一般的なビールと違い、

麦の量が1.5倍!

知らなかった!!

また、この「一番搾り」というビールは、一番麦汁のみを使って作ったビールなのだそうです。

しかも一番麦汁のみを使ったビールというのは、世界で「キリン一番搾り」ただ一つなのだとか!

いやー、これは知りませんでした。

そこで!!

一番搾り麦汁と二番搾り麦汁はどう違うのか。

実際に麦汁を試飲できるのです!!

これは、アサヒビール守谷工場には無かったな~。

(ちなみに一番搾り・二番搾りとは、お出汁で言う一番出汁・二番出汁のようなものです)

説明を聞いて、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を1カップずつ受け取ります。

アルコールは入っていないので、子供達も試飲できます。

写真右側が一番搾り麦汁、左側が二番搾り麦汁です。

一番搾り麦汁の方が、少し濁っていてとろみがあり、麦の甘みを強く感じました。

子供達は「美味しくない~」と言っていましたが・・・。

バスに乗車

続いて、パッケージング工場へ向かうため、こちらのバスに乗ります!!

何といっても東京ドーム5.5個分の広さですからね~!

バス移動も納得です!

パッケージング工場

パッケージング工場は、出来上がったビールを、洗浄したビンや缶、樽に詰め、ケースに入れて出荷するまでを行うラインです。

工場見学は、やっぱり稼働しているラインを見たいですよね!

大量の瓶ビールが流れていく様は、圧巻でした!

再びバスに乗車し、場内を車窓から見学

広い場内を、バスに乗って見学します。

車内での写真撮影は禁止だったので、写真はありません。

高く積まれたとんでもない数のビール樽や、仕込みかすが入っている1トン袋が無数にありました!!

すごい光景です。

何台ものトラックが積み込み作業などをされていましたが、なんと1日に130台ものトラックが出入りしているそうです!!

(イメージ写真です・・・)

見学をしながら、車内でクイズも行われます。

そのクイズに、なぜ取手に工場を作ったのか?・・・という問題がありました。

答えの選択肢は、以下の三つ。

①広い土地があったから

②水が確保できたから

③線路があったから

正解は・・・

①②③全て正解なのです!!

昔は貨車輸送をしていたため、工場内まで線路があったそうです。

現在、線路の跡地は遊歩道として、地域の方々に開放しているそうですよ。

試飲タイム

場内をバスでグル~ッと周り、見学ツアーの建物へ帰ってきました。

お待ちかねの試飲タイムです。

本日試飲できるビールはコチラ!!

他にも、ノンアルコールビールソフトドリンクもあります。

一人3杯まで頂くことが出来ます。

時間は、約20分間です。

ソフトドリンクの種類は、

  • キリンファイア挽きたて微糖
  • キリンレモン
  • 生茶
  • トロピカーナオレンジ
  • トロピカーナアップル
  • 午後の紅茶ストレートティー

で、全て缶コーヒー(185g)サイズの缶で提供されます。

350㎖缶だと、それだけでお腹いっぱいになってしまうし、飽きてしまいますが、小さいサイズの缶だと、色々と飲めます。

コーヒーやお茶、ジュースや炭酸など、種類も豊富なので、子供達も喜んでいました。

カウンターに自由に飲み物を貰いに行きます。

暑くてのどが渇いていたので、より美味しく感じました。

1杯目はやはり一番搾りですね。

キリンのこだわりを聞いた後なので、じっくりと味わって飲みました。

おつまみも美味しかったです!!(売店で売っていたので、買ってしまいました!)

黄色いケースは、ビール瓶を入れるプラスチックケースのミニチュア版で、缶ビールが2本横にして入るサイズです。

キリンのメルマガ登録をすると、特典としてプレゼントされます。

売店でも売っていましたよ!

2杯目は黒ビール!

隣はノンアルコールビールです。(こちらは350㎖缶とカップで提供されます)

空き缶積みゲーム

さてさて、飲み物で一息ついていたら、子供達が参加できる「空き缶積みゲーム」が始まりました!

箱の中に入っている空き缶を、赤丸の中のように積んでいきます。

一番高く詰めた人が優勝です!

賞品もあります!!

参加した子供達は幼児~小学校高学年と年齢幅が広かったため、高学年の子には10秒のハンデをつけました。

制限時間は1分間!

高学年は10秒経ってからスタートします!!

慌ててしまうと、バランス良く積めずに、崩れてしまいます。

さて、結果は⁉

幼稚園年長の息子は5個。

小学校5年の娘は7個。

最高で7個積めた子が、娘を含め4人いたので、1位はじゃんけんで決めることに!!

じゃ~んけ~んぽ~ん!!

・・・ま、負けた。。。

優勝は小学生の男の子でした!

賞品は、黄色のプラケース(メルマガ登録でもらえるもの)とボールペンだったようです。

そして、頑張った他の子供達にも、参加賞がありました!!

クリアファイルと、午後の紅茶の定規、キリンのものづくり研究キット、おつまみでも提供された柿の種チーズ味です!

ゲーム終了後は、また席に戻って、飲み物休憩です。

スタッフの方が、記念スタンプを持って、各テーブルを回ってきてくださるので、子供達はそのスタンプをクイズで使った「まなべるノート」に押します。

子供達のお土産!

お土産で頂いた柿の種チーズ味は、既に子供達のお腹の中なので、写真にはありません(笑)

右下の一番搾りの箱は、研究キット内の「キリンのスマートカットカートンを作ろう!」というページを使って作ったものです。

缶ビール24本が入っている箱の、ミニチュア版です。

これを作ることによって、スマートカットカートンの構造が分かるようになっています。

このカートンの特徴は、

  • 角を面にしたので痛くない!
  • ゆがみや凹みを抑えた強い構造!
  • 持ち上げやすくて運びやすい!

なのだそうです!

パッケージ研究所で開発されています。

これで工場見学は全て終了です!

おわりに

内容が盛り沢山で、とっても楽しかったです!

子供も大人も、楽しみながら多くのことを学べました。

アサヒビール守谷工場の工場見学と比べると、私は正直キリンビール取手工場の工場見学の方が、ビールのことを良く学べたし、工場内のこともよくわかったし、内容も充実していたので、良かったように思います!

試飲会のソフトドリンクが、小さい缶というのも良かったです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする