今の【学校給食】ってどんな感じ?

スポンサーリンク

こんにちは!

最近携帯ニュースで、「最近の学校給食はパンの日が減って、ご飯ばかり」「学校給食のパン工場は存続危機」なんていう記事を見ました。

あれ?そんなにご飯ばっかりだっけ?と思い、娘の小学校の献立表を見てみました。

因みに、校内で調理するのではなく、給食センターの給食です。

スポンサーリンク

ご飯の割合

気付いた時期が悪くて、手元に3月の献立表(後半は春休みに入るので、19日まで)しかない!!

スミマセン!!

数えてみますと、全13回のうち、

ご飯・・・9回

パン・・・2回

麺・・・・2回

ということで、ご飯が7割ですね!!

特段「パンが少ない!!」とは思いませんがね(笑)

そんなもんじゃない??

日本人ですから和食が体に合うと思うし、「朝食はパン」というお宅も多いと思うので、お昼はご飯でも良いのではないかな??

謎のメニュー

娘の入学当初から思っていたことなのですが、給食の献立に、たまに「何の料理??」という謎のカタカナメニューが出てくるのです。

例えば、「フヨウハイ」

???

全く聞いたこと無いのですが、調べてみましたよ。

これね、いわゆる「かに玉」でした!!

じゃ、かに玉って書いてくれよ!

ちなみに漢字で書くと「芙蓉蟹」

それから、「バンサンスー」

こちらは、中華風春雨サラダでした!!

漢字表記は、「拌三絲」

調べてみると、普通にレシピサイトに載っていたので、ただ単に私が無知なだけ??

中華料理や韓国料理のメニューが増えて来ている印象です。

小学校1年~6年まで同じメニューだから・・・

小学校の1年生と6年生は、同じ小学生とはいえ全然違いますよね。

片やついこの前までは幼稚園・保育園児。

片やもうすぐ中学生。

しかし学校の給食は当然1年も6年も同じ味付けなわけで、、、

ここで問題が出てきます。

まずは、人気メニューの「カレー」

小学校のカレーは中辛ぐらいの辛さです。

家では甘口カレーを食べている小さい子には、辛く感じるようです。

それから、「キムチチャーハン」「キムチスープ」

こちらも、小さい子はキムチってまだあまり食べないので、当然「辛い!」となるようです。

あと麻婆豆腐も結構辛いみたいです。

うちの娘は小4ですが、家ではまだカレーも麻婆豆腐も甘口ですし、キムチも食べさせていません。

(娘はお腹が痛くなりやすい、という理由もありますが)

給食で辛いメニューが出た時には、牛乳をゴクゴク飲んで、辛さを紛らわしながら食べていると言っていました。

味覚なんて人それぞれなので、なんとも言えないのですが・・・。

でも、入学したての頃はビックリしましたよ!

おわりに

時代も変われば、給食も変わりますね。

でも昔から人気のある「きな粉揚げパン」「ココア揚げパン」や「カレー南蛮」はまだあるんですよね。

懐かしい!

でも私も子供の頃の給食は給食センターのものだったので、ホカホカの温かい給食には憧れます!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする