伊豆高原のお蕎麦屋さん【蕎仙】で十割蕎麦をいただく!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、今夏の伊豆旅行で立ち寄った伊豆高原のお蕎麦屋さん「蕎仙(きょうせん)」のご紹介です。

「どこかランチに良いところないかな?お蕎麦とか。」

と車中で考え、ケータイで調べて見つけたのがこのお店でした。

スポンサーリンク

場所・営業時間

場所

住所 : 静岡県伊東市十足329-5

電話 : 0557-45-6681

大室山やさくらの里、シャボテン公園の近くにひっそりとあります。

こちらが道路沿いにある看板。

お店の外観はこのような普通の民家のような感じ。

営業時間

11:00~無くなり次第終了!!

無くなり次第終了って、時間が読めなくて怖いですよね。

何食分ぐらいの用意があるのでしょう。

駐車場

空地?公園?

いやいや、駐車場です!!

木の間に停める感じですね。

駐車枠などは無かったように思います。

あと、道路から駐車場に入る道も若干狭いです。

私達が訪れたときはもうランチのピークは過ぎ、空いていたので良かったですが、混雑しているときは駐車するのが大変そうですね。

ワンちゃんも一緒に

店舗のすぐ脇の、この建物。

なんとペット同伴OKの場所なのだそうです。

入り口のドアのところにも張り紙がしてありますが、ペット同伴で伺う場合は事前予約が必要とのこと。

店内へ

私達が訪れたのが、2018年7月27日(金)の午後2時ごろ

先客は家族連れ1組とご夫婦(カップル?)1組、男性一人でした。

店内はさほど広くはなく、こじんまり。

テーブル(6人掛けくらい?)が2台と小上がりになっているお座敷のテーブル(こちらも6人掛けくらい)が2台。

口コミサイトなどでは「人気店」とか「○時間並んだ」とか書いてあったし、平日とはいえ夏休みなので、大行列だったらどうしようと思っていたのですが、正直拍子抜けするくらい空いていました。

着物を着た女将さんらしき女性が出迎えてくれました。

「いつもはもっと混んでいるんですけどね。今日はまだお蕎麦残っているのよ。ラッキーでしたね。」的なことを言われました。

ひねくれ者の私は、こう言われてしまうと「負け惜しみ」のように聞こえてしまいます。

もうこの時点で、何だかテンションダウン。。。

物事を斜めから見る癖・・・いかんいかん!

お座敷に着席&メニュー

お座敷席に着き、お茶とおしぼりを出してくれました。

お茶は温かい蕎麦茶です。

蕎麦茶大好き!!

子供達にはお水を出してくれました。

もり蕎麦1枚880円か~。

貧乏性の私はちょっと高めだなと思いましたが、十割蕎麦だから仕方ないのかな?

注文!

注文や配膳は女将さんではなく、パートの女性の方がやります。

厨房もチラッと見えるのですが、女性でしたね。

女将さんはお会計お客さんとのおしゃべり担当でしょうか(笑)

我が家は「もり蕎麦」と「生シラスと生桜エビのかき揚げ」を注文。

子供達の分は、薬味のわさびとネギを無しにしてくれました。

また子供用の割り箸やフォーク、取り皿なども出してくれました。

いただきます!

まずお蕎麦が先に来ました。

お蕎麦は美味しい!

ほんとに美味しいんです!!

でも、、、、

量が少ない(涙)

あっという間に平らげてしまいました。

た、足りない・・・。

全く足りない。。。

どうするか。

もり蕎麦もう1枚追加しようか・・・。

でも子供達のお腹は満たされたようなので、追加注文は無しにしました。

高いしね。(←貧乏性なもんで)

蕎麦をあっという間に完食した後、「かき揚げ」登場。

こちらは結構ボリュームがありました。

美味しいのですが、食べ進めていくと少々胃がもたれます。

最初の内は家族皆で少しずつ食べて「美味しいね」なんて言っていたのですが、段々と皆の手が止まってきてしまいました。

最後には誰も手を伸ばさなくなったので、私が頂きましたよ。

(だから太るのよ)

皆でちょっとずつつまむくらいで良いかも。

注文を1皿だけにしておいて良かった。

最後に蕎麦湯をすすり、すべて完食です。

女将さんはあちこちのお客さんとお話ししていて、きっと話好きなんですね。

我が家は全員「放っといてくれ派」なので、こういう感じは「見張られている」感じがして苦手です。。。

こじんまりした店内なので、余計に。

こちらはテーブルに置いてあったチラシなのですが、

おいしい~~!!のおすそわけペーパー」

このペーパーをお友達に届けてください。

これをお持ちになったお客様には特典があります。

心よりお待ちしております。

とのこと。

女将さんが私達のテーブルに来た時も、

「どう?美味しい?」

「美味しいでしょう」

なんて言われたので、

「美味しいの押し売り」

と感じてしまいました。

有吉弘行がベッキーに付けた「元気の押し売り」のような感じ。

自分のお蕎麦に自信満々!という感じを受けました。

女将さん、親切なんですよ。

お世話好きで話し上手なんですけれども、、、ね。

お会計

お会計係は女将さんです。

食べたものを読み上げながらレジを打って行くので、若干恥ずかしい・・・。

そして、全部の合計から子供達のわさび・ネギ代を引いてくれました。(わさび無しにしたので、その分)

会計をしているとき、近くのテーブル席にいた常連さんらしきおじさんが、なんと子供達にお菓子をくれました!!

(女将さんには「おじいちゃん」と呼ばれていたこの方。ご主人なのかしら??)

アンパンマンのキャラメルコーンです!(4連になっているやつの2つ分)

これはびっくり!!

ありがとうございます!!

そして会計後、次回使える割引券(100円引き)をくれました。

百万円札!!

期限は無いようです。

おわりに

お蕎麦は美味しかったのですが、なんだかあの女将さんは緊張しちゃいました。

「私の所のお蕎麦は、本当に美味しいから!」

というのが物凄く伝わってきて、なんだかこちらが委縮してしまう感じ。

店内がこじんまりしているので、余計に視線を感じてしまうんですよね。

どうも落ち着かない。

席を立つ前に、いつもよりも更に入念にテーブルの上を片付けておきました。。。

なんだかこんなマイナスなイメージを持たせるような記事は書きたくないのですが、感じ方や味覚も十人十色ですからね。

入店直後からテンションダダ下がりだったので、このような印象になってしまったのかもしれません。

すみません、精神が未熟で。

気になった方は是非立ち寄ってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする