子宮内膜症とポリープ

スポンサーリンク

こんにちは!

最近、脇腹の痛みやめまい、吐き気などの症状が1週間ほど続いたので、病院へ行ってきました。

「脇腹だから、腎臓とかかな?」

「トイレを我慢しがちだったからかな?」

「何かの病気じゃなければいいけど・・・」

と、様々な妄想を膨らませながら、総合病院の内科へ。

スポンサーリンク

内科にて

行った検査は、血液検査尿検査便検査(後日持参)、腹部のレントゲンでした。

結果、内臓系の異常もなく、結石などもなし。

ただ便秘気味かな、と (〃ノωノ)

しかし、血液検査で貧血が発覚したので、一度婦人科にも行ってみてください、とのことでした。

(実は便検査でも、2回採取したうちの1つに潜血反応が出てしまい、任意だったのですが、大腸内視鏡検査を受けることになりました。この様子は、また後日ご紹介します)

いざ、婦人科へ

女性の先生だったので、話しやすいのは良かったです。

しかし、内診はやはり慣れませんね。。。痛い。

子供を二人産んでいる身ですが、やっぱり「やだな~」と思ってしまします。

まず、エコーで見て、その後サボっていた子宮がん検診もやっていただきました。

そのエコーで、なんと子宮内膜症っぽいものが発見されてしまいました!

そしてポリープも!

ポリープは小さい良性のものらしく、「取っても、そのままにしておいても、どちらでも良いですよ」とのことだったのですが、一応取ってもらいました。

「取るの痛いですか?」なんて聞いてしましましたよ。

もう怖くて。

でも実際は、内診中ずーっと痛かったので、いつの間にか取れていたっていう感じでした。

「今取られている~」という感覚は、無かったです。

(このポリープ、内診後の診察時に見せていただけました!)

そして、子宮内膜症疑惑ですが、これは内診のエコーだけでは断定できないものらしく、後日MRIを受けてください、とのことでした。

子宮内膜症とは?

日本医師会のHPによりますと、「子宮内膜症とは、本来、子宮内腔にしかないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、子宮以外の場所にできる病気です」とのこと。

そして、「子宮以外の場所にできた子宮内膜も、本来の子宮の周期と同じような変化が起こります

月経期になると、子宮以外の場所にできた子宮内膜も、剥離・出血しますが、血液や内膜を体外に出すことが出来ず、体内に溜まります

結果、チョコレート嚢胞が出来たり、諸臓器との癒着が起こります

というものだそうです。

何だか怖いですね。

先生のご意見

まだ子宮内膜症確定では無いのですが、もしそうだった場合、薬物療法や手術療法などがあるようです。

しかしこの他にも、「妊娠をする」という方法もあるようなのです。

これは、妊娠をするとチョコレート嚢胞などの増殖がストップするためなのだそうです。

もし、妊娠を希望しない場合は、ピルを飲む、という方法もあるようです。

なんだか、人間の体って凄いですね。

終わりに

子宮内膜症って、言葉は聞いたことがありましたが、具体的な内容までは知りませんでした。

生理時の経血量が増えるっていうのは、聞いたことありましたけど。

次回は、MRIの検査時の様子をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする