小学校の【教育相談日】

スポンサーリンク

こんにちは!

今日は、現在小学2年生である上の子の、教育相談の日です。

春の家庭訪問、学期ごとの授業参観・懇談会はありますが、個人面談(三者面談?)がないので、その代わりなのでしょうか。

年間4回あるこの教育相談日は、希望者のみで、全員が必ず申し込まなければならない、というものではないです。

ただ、1年に1回は申し込んでください、とのことですが。

1学期の家庭訪問以降は、担任の先生とお話をする機会がなかなか無いんですよね。

とはいうものの、特に相談することも無いのですが(;^ω^)

子供に「先生に何か相談とか、学校で困っていることない?」と聞くと、「ない!!」と即答されました(^^;

1年生の時は、そのまま1回も申し込まずに終わってしまったのですが、今年は初めて申し込んでみました。

スポンサーリンク

授業参観の今と昔

私が小学校の頃は、親が授業を見られるのは、授業参観時のみでした。

しかも、お母さま方は皆、スーツなどのきれいな服装だったのを覚えています。

最近は、授業参観以外も「学校公開日」という「○月○日の×時~×時の間、いつでも授業を参観できます」という日が設けられています。

来る時間も帰る時間も自由なので、ありがたいですよね。

お母さま方の服装も、普段のカジュアルな服装です。いつから変わったんでしょうかね。

地域にもよるのでしょうか。

今回の教育相談も、希望者のみなので、それぞれの家庭の判断で決められるので、こちらもありがたい。

家庭訪問は、家に先生がいらっしゃるとあって、毎年準備が大変なのですが(念入りな掃除や、お菓子・果物などの準備、スリッパなどのチェック!)、教育相談は学校で行うので、気が楽です。

昔と比べて、良い方向に変わってきていると思います。

おわりに

子供の数が減ってきている為、学校では少人数クラスのような、よりきめ細やかな教育をしようという、先生方の頑張り・考えが伝わってきます。

小学校なのに補習クラスがあるのも、その表れだと思います。

少子化は大変な問題ではありますが、公立小学校で細やかな教育を受けられるのは、一人の親として大歓迎です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする