【相模原市立博物館】へ行ってきました!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、神奈川県相模原市中央区にある「相模原市立博物館」のご紹介です。

前回の記事で書いた「相模川ふれあい科学館」の後に立ち寄りました!

科学館と博物館のハシゴです(*’▽’)

👇「相模川ふれあい科学館」の記事は、こちらからどうぞ👇

【相模川ふれあい科学館】へ行ってきました!

「相模川ふれあい科学館」は小さなお子様も楽しめそうでしたが、こちらの博物館の方は「小学生以上向け」という印象です。

博物館のすぐ隣には宇宙科学研究所(JAXA)や、東京国立近代美術館があり、緑に囲まれた落ち着いた場所にありました。

スポンサーリンク

場所・開館時間など

  • 住所:〒252-0221 神奈川県相模原市中央区高根3丁目1-15
  • 電話:042-750-803
  • 開館時間:午前9時30分~午後5時
  • 休館日: 毎週月曜日・国民の祝日の翌日(月曜日が国民の祝日の場合は、翌平日が休館になります。) 年末・年始(12月28日~翌年1月3日、教育委員会が定める日(教育委員会が必要と認めるときは、開館日になることがあります)

入館料

常設展

無料

企画展

有料の場合があります。

プラネタリウム・全天周映画

   おとな こども 
 個 人 500円 200円 
 団 体  400円 160円 

  • 観覧券は、前売り券はございません。開館時間(午前9時30分)から券売機で販売します。
  • 定員は、各回210人です。
  • 団体は、20人以上です。
  • こどもは、4歳以上中学生以下です。4歳未満は無料です。
  • 障がい者とその介護者の方は、無料となります。
  • ひとり親家庭の方は、無料となります。
  • 65歳以上の方は、半額となります。
  • 団体及び観覧料が半額又は無料となる方(4歳未満は除く。)は、受付で観覧券をお求めください。

駐車場

無料駐車場95台(障害者用4台分含む)が博物館のすぐ横にあります。

駐車枠はやや狭めです。

駐車場入り口のある博物館に近い所は舗装されていますが、少し離れたところ(それでも近いですが)になると、地面は土です。

おまけに駐車スペースに木が何本かあるので、場所を選んでしまいますね。

見にくいですが、一応駐車枠のロープはあります。

我が家が訪れた日は雨だったので、大きな水たまりが出来ていたり、地面がぬかるんでいたりして、大変でした・・・( ノД`)

館内へ

正面玄関から入ります。

傘袋は無く、入り口の傘立てに入れます。

入館料は無料なので、入り口に券売機も無く、すんなり入ってしまいました。

入り口入ってすぐに、「小惑星探査機はやぶさ」のレプリカがお出迎え。

受付、奥にはミュージアムショップがあります。

ジュースの自動販売機とイスが置いてある、休憩スペースもありました。

展示スペースは1階のみで、自然・歴史展示室、特別展示室、天文展示室、プラネタリウムがあります。

特大ドームシアター

博物館で上映されるプラネタリウム映像や映画は、このドームシアターで観られます。

県内最大級直径23メートルの大きなドーム型スクリーンに映し出される映像は、迫力があります。

こちらのみ別料金で、プラネタリウム入り口にある券売機で、チケットを購入します。

全210席あるようです。

前後の席の段差も結構あるのでどの席でも良く見えますが、後ろの方の席をお勧めします。

リクライニングシートなので、頭上に広がるドームシアターの迫力ある映像を、ゆったり見ることが出来ます。

最後尾の座席のみ、リクライニングが出来ません。

この席はリクライニングしなくても、スクリーン全体を良く見渡せます。

様々な映画が上映されています。

大体の映画は、約40分間です。

我が家が見たのは「いきものがたり」というもの。

地球が誕生した大昔から、様々な生き物が生まれ発展を遂げてきたこの星を、この先も自分たちで守っていこうという内容です。

「自然、生き物を大切に」というテーマでしたが、幼稚園年少の息子には難しかったようですね。

途中から飽きてしまいました・・・。

しかし、大好きな恐竜が出てくると、画面を見入っていましたよ(*’▽’)

自然・歴史展示室

土器の展示や、昔の暮らしの様子などを学習できます。

社会科見学にピッタリですね。

茅葺屋根の昔の住居は、実際に中に入ることが出来て、昔の暮らしを体感できます。

水瓶や囲炉裏がある室内を見て、子供達は「【さるかにがっせん】のさるの家だ!」と騒いでおりました( ゚∀゚)

相模原では昔、畑作や養蚕などの農業が中心だったそうで、当時の農業の道具や「蚕」の飼育道具なども沢山展示されています。

私の母親の実家でも昔蚕を飼っていたようで、「蚕様」と呼ばれていたそうです。

相模原では江戸時代から養蚕が行われていたそうで、生糸の輸出も盛んだったとのことです。

特別展示室

この日の企画展は、JAXA×博物館「水金地火木土展~カイ・メイ!太陽系探査の軌跡~」というものでした。

宇宙、特に太陽系について学べます。

ハンドルをくるくる回すと、太陽と太陽系の星の動きが分かるようになっています。

分かりやすくて、勉強になりました!

2階休憩コーナー

2階に自由に利用できる休憩スペースがありました。

室内には、水道、ジュースや軽食の自動販売機、絵本などもあります。

軽い食事ができそうですね!

階段orエレベーターで行けます。

おわりに

台風接近中の雨の日にもかかわらず、家族連れやカップルで賑わっていました。

ドーム型シアターの迫力は凄かったですね。

暗いし、涼しいしで、途中で眠くなってしまいましたが・・・( ゚∀゚)

入場無料ですし、近くに来た際はぜひお立ち寄りください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする