西伊豆の絶景スポット!【黄金崎】

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は先日の西伊豆旅行で訪れた、景勝地「黄金崎」のご紹介です!

👇その他の西伊豆情報はこちらからどうぞ👇

人気の【堂ヶ島食堂】で、ご当地グルメランチ!

西伊豆黄金崎公園内【こがねすと】の、超特大かき氷!!

三四郎島【トンボロ現象】磯遊びを楽しもう!@西伊豆堂ヶ島

スポンサーリンク

場所・駐車場情報

場所

西伊豆の宇久須エリア、恋人岬などがある土肥の南側にあり、国道136号から車で2分くらい入ったところにあります。

駐車場

120台収容とのことですが、夏休み前なのでガラガラです!

写真中央に展望台があります。

階段のみです。

展望台へ!何に見える?

早速階段を上って展望台へ!

素晴らしい眺め!!

夕暮れ時には、美しい夕陽を受けて、黄金色に輝いて見えるそうです。

この黄金色に輝く岩肌は、海底火山の噴出物が温泉水や地熱の作用によって変質・変色したものである。

(西伊豆パンフレットより抜粋)

昭和63年には静岡県の天然記念物にも指定されました。

晴れていれば、正面に富士山も望めるそうです!

さて、こちらの黄金崎。

ゴツゴツした岩が、何かの形に見えませんか?

パッカパッカと走る、あの動物・・・

そう、馬です!!

馬が海の水を飲んでいるように見えますよね。

おまけに木がたてがみに見える!

このようなことから、「馬ロック」という愛称が付いているそうです。

遊歩道

黄金崎は「黄金崎公園」内にあり、公園内を散策する遊歩道が整備されています。

コース全長約2.0km 所要時間約40分

黄金崎公園内を海岸沿いから松林の中を散策する全長約2km、所要時間約40分の遊歩道。四季折々に花々が咲きほころぶコレクションガーデン、海女が体を清めたと言われる海女の井戸、縁結びにご利益がある黄金神社、小説「獣の戯れ」の一節が刻まれている三島由紀夫文学碑等があり、展望台からは断崖絶壁の大海原や富士山を眺めることができます。

又、夕暮れ時には、水平線を紅く染めて沈む夕陽も満喫できます。

(西伊豆町観光協会HPより)

遊歩道スタート!

いきなり階段を下ります。

遊歩道途中からの眺め!

そして、スタート地点へ引き返す・・・。

時間が無かったのです(;´д`)トホホ

再び展望台から。

クネクネとした遊歩道が見えます。

時間があれば是非歩いてみたいですね。

お花畑

黄金崎公園内は、1年を通じて四季折々の花々が咲きほこるようです。

  • 【菜の花】1月~3月
  • 【ポピー】5月中旬~6月中旬
  • 【ヘメロカリス】6月~7月中旬
  • 【カノコユリ】7月下旬~8月下旬
  • 【ツワブキ】11月~12月

我が家は7月上旬に訪れたので、「ヘメロカリス」というユリ科の黄色い花が至る所に咲いていました。

西伊豆の夕陽時刻表(日没)

※この夕陽の時刻表は大田子海岸の日没の時間です。

場所によって若干変わりますので表示時刻の20~30分前に現地に到着した方が、夕陽をお楽しみいただけます。

(西伊豆町観光協会パンフレットより)

黄金崎では年間を通してベストな夕陽が見られるようなので、是非タイミングを見計らって訪れたいですね。

おわりに

青く透明な海!輝く岩肌!そしてお馬さん(^^)

晴れていれば展望台の正面に、富士山がドーンと見えるそうですが、今回は残念!!

是非次回は岩肌が黄金色に輝く夕暮れ時に、訪れてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする