【新型ハリアー モデリスタver.1】レイクタウンで見てきました。

スポンサーリンク

こんにちは!

昨日越谷にある、イオンレイクタウンに買い物に行ったとき、トヨタで売れに売れている「ハリアー」の新型が出たということで、見てきました。

2017年6月8日販売スタートとのことでしたが、ディーラーに車が並ぶ前から、既に予約が殺到しているというこの車。

実際に見たり乗ったりせずに予約するなんて凄いですね!( ゚∀゚)

皆さんの評価が高いのでしょうか。

前の型の時も、モデリスタのエアロパーツが付いた物が展示してありましたが、今回の新型もモデリスタver.1のエアロパーツが付いていました。

車に関しては初心者の主婦なので、マイナーチェンジの詳細は、他の車に詳しい方のブログを参考にしていただき、このブログではエアロが付いている様子をお伝えできればと思います。

スミマセン!

スポンサーリンク

写真の車両概要

  • <グレード>PROGRESS
  • <エンジン>2.0L Normal (3ZR-FAE) ガソリン
  • <駆動>FF
  • <ミッション>Super CVT-i(自動無段変速機)
  • <型式>DBA-ZSU60W-ANXSP
  • <カラー>ブラックパール

新しく誕生したターボでは無く、”Metal and Lether Package” でもありません。

フロント

  • フロントグリルガーニッシュ 税込み41,040円
  • フロントスポイラー(LED付、塗装済み) 税込み95,040円

もう少し上から。

サイド

展示車にはサイドのパーツは付いていませんでした。

参考までに価格を載せておきます。

  • サイドスカート(塗装済み) 税込み54,000円

バック

「バックドアは閉めないでください」とのことで、この写真です・・・。

スミマセン。

  • リヤスタイリングキット(リヤスカート+マフラーカッター、塗装済み) 税込み82,080円

MODELLISTA AERO KIT

赤字で書いた、フロントスポイラー(LED付)、サイドスカート、リヤスタイリングキットの3点セットだと、塗装済みで税込み214,920円です。

内装

シートがブラック、インテリアがディープボルドーの組み合わせですね。

前回は無かった(と思いますが)ダークサドルタンという茶色っぽい色は、シートとインテリアがセットのようですね。

シートもインテリアもダークサドルタンという色になるようです。

ドアスイッチベースは、黒木目&幾何学柄です。

新しく誕生したターボ車に限り、シート&インテリアカラーがブラックで、縫い目の所が赤いステッチになっています。

ドアスイッチベースも、ターボ車に限り、メタルカーボン仕様になります。

更にプログレスとプレミアムのレザーパッケージは、ターボ車もハイブリッド車もガソリン車もピアノブラック仕様になります。

シフトパネルも、ドアスイッチベースと同様、黒木目&幾何学柄です。

ターボ車はメタルカーボン、レザーパッケージの車はアルミヘアライン仕様になります。

指紋が沢山付いた(笑)シフトレバー手前の小物入れを開けると、

ドリンクホルダー、小物入れ、DC12V・120Wのアクセサリーソケット、USB/AUX(音声・映像)の入力端子が付いています。

おわりに

今回のモデリスタver.1のエアロパーツは、前作に比べかなりイカツイ印象ですね。

ギランギラン!

レイクタウンの展示車は、サイドスカートは付いていませんでしたが、ボディーカラーがブラックパールだと、サイドのパーツはあまり目立ちませんね。

街を走っているエアロ付きハリアーを見てもそう思います。

メッキ部分はブラックパールの方が目立ちますけどね。

個人的にはこの車はホワイトパールが好きです。

車素人が、失礼しました・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする