【最近の疑問】ミニマルじゃなくて、ミニマムじゃないの?

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は、私自身の無知が招いた、些細な疑問を取り上げてみます。

「ミニマリスト」や「ミニマルな暮らし」というものが話題になって久しいですが、この「ミニマル」という言葉、恥ずかしながら私は初耳でして・・・。

「みんなミニマルって言っているけど、ミニマムの間違いじゃないの??」なんて思っていました。

しかし「ミニマム」という言葉は本当に存在したんですね( ゚∀゚)

これを機に調べてみました。

スポンサーリンク

ミニマルとは?

辞書によりますと、

minimal

<形容詞>最小(限度)の、極小の、極微の (⇔maximal)

ということです。

そうなると、ミニマム(minimum)との違いが気になりますね。

ミニマムとは?

こちらは、

minimum

<形容詞>最小の、最小限の、最低限の (⇔maximum)

<名詞>最小限、最低限

ということで、正直何が違うの??っていう感じですよね。

更に深く調べてみますと、違いが分かってきました。

ミニマムとミニマルの違いは?

minimalは、範囲も何もない漠然とした中での、絶対的な「最小の」

minimumは、範囲が決まっている(法律・記録など)中での、「最小の」

という意味のようです。

正直今まで私は、「minimum」を最低限という意味で使っていましたが、本当の最低限という意味は「minimal」だったのですね。

この年で間違いに気付くことができました。

おわりに

考えれば考えるほど、頭の中がこんがらがっていく今回の疑問ですが、何となく解決できたのではないかと思います。

記録の数値などは全て「minimum」が使われているのも、決められた記録の範囲内だからなのかと、納得できました。

ミニマリストと言われる方々が実践している「ミニマムな暮らし」というのは、暮らしという漠然とした中での最小、人それぞれが異なる解釈をする中での最小ということで「minimal」が使われているのでしょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする